中古車は年式と車種により価値が違う

中古車は年式と車種により価値が違う

大抵の人は、新車に買い替える時に今まで乗っていた中古車を査定にも出さずに、下取りをしてもらい、新車の費用を少しでも安くしてもらうという方法を利用しています。
査定で車買取をしてもらっている友人が、その方がお得かも知れないと言っても、煩わしがり、単純に行える下取りで済ましてしまう人が、まだまだ多いようです。
けれども、古くても人気の持続している車種は、少々年式が古くなっていても、非常に高額で買い取りをしてもらえます。
下取りと買取との差が、何十万円となった場合にも下取りを選ぶというのは、非常に馬鹿らしい話です。
近くに中古車買取専門店があれば、どのような車種の中古車がいくらで売られているのかを見てみるのも、良い判断材料になりますし、自分の車を見せて、評価をしてもらうのも具体的になります。
その上で下取りがいくらなのか、また、下取り無しなら、新車がどれくらいの値引き額になるのかを明確にすることです。
新車の価格というのは、あるようでないようなものですから、色んな販売店で見積もりを出して、条件の良いところで購入すれば、値引きも下取りがある時よりもお得になるでしょう。

できれば、近くの買取専門店の評価だけでなく、車買取店複数社に価値の査定をしてもらうと、もっと良いと思います。
こちらの都合の良い日、良い時間に、家まで査定に来てくれますから、面倒なことは全くありません。買取店も複数社に査定を出していることを知っていますから、無理強いもありません。査定体験をするだけでも良いと思います。
体験してみると、下取りと変わらない単純なことだということに気づきます。
そして、こんな価格になるのかと驚くこともあります。
人気の落ちないメーカーや車種に載り続けているのであれば尚更です。
フルモデルチェンジがされたことにより貴重な価値となっている年式の車種もあるくらいです。
下取りのように古さと傷み具合だけで判断する売方は絶対に損だと気づきます。

Copyright (C)2014中古車は年式と車種により価値が違う.All rights reserved.